創意工夫をモットーとし、最新のテクノロジーにも対応しています。

会社の沿革

大正3年11月(1914年)

創業

宮田三平が台東区鳥越にて金属製品製作を目的とした
「宮田工場」を設立し、個人創業。

大正7年5月(1918年)

台東区三筋に移転、洋装附属金具の製造を開始。

昭和2年11月(1927年)

本社並びに工場を新築、木造3階建、敷地310㎡・建物690㎡
「宮田兄弟工場」と改称。

 昭和20年 3月(1945年)

戦災直後仮工場にて「宮田製作所」と改称、ベルト・バックル製造を再開。

昭和28年 6月(1953年)

設立

「宮田金属工業株式会社」を設立、資本金150万円。

DSC_0158[1]

昭和31年11月(1956年)

葛飾工場新設、敷地3,300㎡・建物2,700㎡

昭和48年3月(1973年)

業務拡大により逐次増資し、資本金1億円。

昭和58年5月(1983年)

創業70周年、会社設立30周年の記念式典を開催。

昭和61年5月(1986年)

現在地に新本社社屋竣工
敷地400㎡・建物7階建2,000㎡ 、パーキングタワー20台収容。
コンピュータシステム導入 ( 生産 ・ 販売 ・ 経理 )。

平成5年11月(1993年)

創業80周年、会社設立40周年の記念式典を開催。

平成15年2月(2003年)

青山弥兵会長、宮田哲郎社長に就任。(創業90周年、会社設立50周年。)

平成20年12月(2008年)

創業95周年、会社設立55周年。 新コンピュータシステム ( データベース化 )

平成25年12月(2013年)

創業100周年、会社設立60周年。