創意工夫をモットーとし、最新のテクノロジーにも対応しています。

社長ごあいさつ

企業の繁栄は、いかにして創業当時の若々しい活力を維持していけるかにかかっています。
また、時代の要請に対し真摯に耳を傾け、一企業としてどのように社会貢献できるかを念頭におき、その企業ならではの製品開発に着手することが重要だと考えます。
さらには、常に技術の研鑽を行ない、お客様のいかなる要望にも対応可能な体制づくりをすすめることも必要です。
当社は創業以来、金属プレス関連の技術をファッション分野に応用した製品の提供で、マーケットに受け入れられ今日に至っております。
そのモットーとするところは、単なる部品供給メーカーにとどまることなく、お客様との共同の企画制作を行なうことで、より完成度の高い製品を創りだすことにあります。
加えて、独自の工作機械を開発することで、より顧客満足度の高い製品の開発を可能としています。
今日、この企業姿勢で多くのお客様からの賛同を得ることとなり、バックルや美錠、アクセサリー金具などのファッション関連はもとより、スポーツ用品金具、医療用具の製造に至るまで、多岐にわたる製品を世に送りだしています。
おかげさまで当社は、初代・宮田三平が台東区鳥越の地に宮田工場を誕生させてから90年、宮田金属工業株式会社の名で近代的な金属加工メーカーとして生まれ変わって50年の節目を迎えております。
今後も、創業以来培ってきた「良い品、良い工夫、良い心」の社是を基本理念に据え、諸先輩に築いていただいた歴史を育み、温故知新の意味するごとく先人たちの数多くの知識の中から新しい価値を見いだし、今日の社会の発展に尽力していきたいと念じております。